前へ
次へ

新しい法律を知っておこう

今までは通じていたことがあったとしても、新しい法律が制定されればそれは古いルール、規則となってしまい

more

女性向けの法律無料相談

私たちが暮らしているなかで、法律に関することで困ったことはありませんか。いざそういった事が絡んだ出来

more

弁護士に法律相談するならメモを用意しよう

弁護士に法律相談をする時は、事実をありのままに伝えることが大切です。弁護士に真実を隠したり嘘をついて

more

ネット通販の取引を取り消す法律手続き

ネットショッピングは自宅に居ながら行えるので利用した人も多いでしょう。メリットは実際にお店に行く必要がない点、買った後に持ち帰らなくても届けてもらえる点などがあります。お店が遠方にしかないときや重いものを買いたいときなどに利用するとよさそうです。それ以外にも一般のお店で買うより安く買えることもあるのでそれを狙って利用する人もいるはずです。ただ一般のお店と違って販売者が見えにくいのでいろいろ注意しないといけないかもしれません。買い物をしたときにたまにあるのが買ってしまった後に返品したいときでしょう。必要ないものを買ってしまって返品したいとき、街で声をかけられて話のままに購入手続きをしたが取り消したいときなどがあります。買ったものを返品するときの法律手続きとしてはクーリングオフが良く知られています。買ってから8日以内に購入の取り消しを相手に伝えれば行えるとされています。ただすべてのケースにおいてクーリングオフが適用されるわけではありません。クーリングオフが適用されるケースで多いのは訪問販売です。依頼をしていないのに販売員が訪れて商品などを提案しそのまま契約してしまいます。販売員のうまい営業トークに乗せられて勢いで契約してしまう人がいて、それを救済するためにこの仕組みがあります。街頭で声をかけられて契約させられる時も同様と考えられクーリングオフが適用されます。一方お店に自ら足を運んで購入したときはクーリングオフは適用されないので返品は難しいでしょう。ネット通販で購入したときに返品したいときには法律としてクーリングオフが使えるかですが残念ながら使えません。ネット通販は自分でネットショップを選び自分で購入手続きをしているので、訪問販売のように買わされる状況にないためです。ただネット通販でも一定のトラブルがありそれを防止するための仕組みがあります。特定商取引法においては返品特約がないときは返品ができるようになっています。買った商品が返品不可になっていないなら、8日以内に返品ができるのでお店に問い合わせてみましょう。

札幌のビンワン税理士
腕がいいから安心して相談できます。

英文契約書の翻訳なら東京のプロ集団
難しい英語もクリアな日本語にするサービス提供中です。

外国人と企業をマッチングする外国人技能実習制度
人を繋ぐ架け橋ビジネスを展開しています。

コンサルによる東京のPマーク取得代行事業
制度のプロフェッショナルがお答えいたします。

離婚の際のトラブル解決をまかせられる川越の弁護士
親権や財産分与といったトラブルも最善の解決方法を提案します。

Page Top