前へ
次へ

化粧品か医薬品かの判断を法律目線で分類

化粧をするために使うアイテムとして化粧品があります。肌に直接塗るものでしかもすべての人の肌に合うものではなく自分の肌に合うものを探すのは大変かもしれません。化粧品に関しては肌に塗るものであることから誰でも勝手に作って販売できるわけではありません。同じ肌に塗るものとしては皮膚の病気などの時に塗る薬があるでしょう。薬に関しても化粧品同様誰でも勝手に販売できるわけではなく、法律上の手続きを踏んだ上で製造販売しなければいけません。一般的には化粧品と皮膚の薬を同じ場所で販売することは少ないでしょうが、美容クリニックにおいてはどちらも販売しているケースがあります。美容クリニック独自に開発したものなどだと線引きが曖昧な商品を販売することもあり、法律面で考えると違法になることもあるようです。美容クリニックにおいて治療目的とされるものなら薬として分類する必要があり、美容目的であれば化粧品であったり医薬部外品に分類する必要があるでしょう。

Page Top