前へ
次へ

ペットを飼う時にも法律を意識する事が大切

ペットを飼うと自宅の中が明るくなって、家族の会話も自然と増える魅力がありますが、法律を意識して正しく飼う事が大切です。動物愛護に関する法律は日本にも存在しますが、ペットを正しく飼っていない方は罰せられる可能性があります。例えばペットの傷つけるような行為をしたり、余りにも劣悪な環境で飼育をしている場合は虐待に該当しますから、罰せられてしまう事があるので、注意が必要です。また普通に飼っていても、夜中に余りにも鳴き声がうるさい場合は、周辺の住民から訴えられてしまう事があるので気をつけなければいけません。深夜や早朝の鳴き声が頻繁に続いて、近所の方が病気になってしまった場合は、損害賠償を払わなければいけない事もありますから、飼い主がペットの鳴き声が外に漏れないように対応する事が大切です。また飼っている犬が通行人を噛んでしまった場合も法律違反になってしまう事があるので、ペットの為にも安全な環境で飼う事が求められます。

Page Top