前へ
次へ

弁護士に法律相談するならメモを用意しよう

弁護士に法律相談をする時は、事実をありのままに伝えることが大切です。弁護士に真実を隠したり嘘をついてしまうと、的確なアドバイスをすることができなくなってしまうからです。弁護士には守秘義務があるので、自分にとって都合の悪いことや人に知られたくないことを話したとしても、他の人に絶対知られることがないので、安心して話すようにしましょう。自分では関係のないことだと考えていたことでも、その相談内容に重要なことである場合もあるので、どんな小さなことでも弁護士に伝えることが大切です。法律相談をする前に、出来事を時系列別に並べたメモを用意するのも有効であるといえます。相談の時に思いついたことをバラバラに話してしまうと、それを整理するだけでも大変になってしまうからです。短時間で弁護士に事実の経過を正しく理解してもらうためには、出来事を時系列別に並べたメモが大変役に立ちます。このメモに基づいて相談すれば、的確なアドバイスをもらうことができます。

Page Top